誰も教えてくれなかった自費治療

誰も教えてくれなかった保険診療と自由診療の違いとは…
(前歯編)

「保険の歯と自費の歯、どう違うの?」

よく聞く質問です。
今回はその疑問にお答えしようと思います。

当院では、歯周病が安定期に入った方には、
かぶせ物(補綴物)についての
説明を治療時間とは別に時間をお取りして、詳しく行っております。

初めて聞いたよ。歯にこんなたくさん種類があるなんて
だから数年たつとダメになっていたんだね
歯周病の原因になっていたなんて知らなかったよ

●●●自費治療の例●●●

★前歯メタルセラミック+ホワイトニングをされた方★
雲仙市在住 I.T様(32歳 女性)
001
※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

保険診療はみなさんが加入している国民保険や社会保険などを利用して
歯科治療を行うことを指します。

この保険診療は、全国一律治療費が定められており、治療の内容や、
使用する材料にも厳しい規制がなされております。

患者様の負担割合が少ないのは良いことだと思いますが、残念ながら、
現代の日進月歩している歯科医療技術とは大きな差があります。

「保険診療」に対して存在するのが、「自由診療」です。

では「どんなに違うの?」という問いにお答えいたします。


一言でいうとクオリティ(品質)が違います。

●●●自費治療の例●●●

★前歯メタルセラミック+ホワイトニングをされた方★
佐賀県嬉野市在住 I.T様(33歳 女性)
002
※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

前歯の場合ですが、保険でも白い歯はできます。

自由診療で作られた歯は陶器で作られていますので、
美しくそして精巧に作られているのです。

まるで天然の人の歯と同じように・・・・
そしてほとんど劣化しません

歯ぐきにたいしてもアレルギーになりにくい
やさしい材料を使用しています。

保険診療の前歯はプラスチックを金属に貼り付けたものです。
このプラスチック、保険適用の歯科用プラスチックを使うのですが、
経年変化が激しいのです。

わずか数年で、色が黄色く変わってくるのです。
口臭の原因になったり、歯周病、むし歯が再発しやすいのです。
ご存知でしたか?

では、もっとわかりやすく説明しましょう。

●●●自費治療の例●●●

★前歯サンライズセラミック+ホワイトニングをされた方★
雲仙市在住 Y.T様(45歳 男性)
003
※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

お皿の種類

あなたは食事をされるときにはどんなお皿で食べていますか?

陶器のお皿ですか?
プラスチックのお皿ですか?
それとも紙のお皿?

おそらく陶器と答える方がほとんどだと思います。
ではなぜプラスチックでは食べないのですか?

とてもおいしそうな料理を作りました。
陶器ではなくプラスチックのお皿に盛り付けされて
出てきたらどう思われますか?

味はおいしいかもしれませんが、
食事をするという行為においては満足できますか?

●●●自費治療の例●●●

★前歯メタルセラミック+臼歯ハイブリッドクラウンをされた方★
雲仙市在住 N.M様(65歳 男性)
004※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

私は満足できません。
やはりおいしい料理こそ、陶器のお皿で食べたいものです。

プラスチックのお皿だと割れませんが、汚れがひどく目立つでしょう?
ナイフやフォークなどを使うとすぐに傷がついてしまいますよね。
プラスチックのお皿は買ったばかりだとキレイかもしれませんが、
毎日使ったとしてどれくらいもつでしょうか。

すぐに傷がつき、薄汚れてきますね。
そして使わなくなります。

紙の皿もありますが、これはキャンプやバーベキューのときなどに
使い捨てができるという点のみが良いところです。

しかし、また洗って大事に使う人はまずいないでしょう。

●●●自費治療の例●●●

★前歯メタルセラミック+ホワイトニングをされた方★
雲仙市在住 K.M様(39歳 男性)
005
※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

これを歯に置き換えてみましょう。

陶器のお皿・・・・自由診療の歯(セラミックを使用した歯)
プラスチックのお皿・・・保険診療の歯(硬質レジン前装冠

紙のお皿・・・仮歯

・・・ということになります。

しかし歯になると、お皿とは違い、もっと過酷な中で使われます。

お口の中はいつも湿潤しており、
唾液が酸性に、かたむいたり、熱の変化もあるし、
ものすごく大きな噛む力が瞬間的にかかってくるという条件です。

ましてや、お皿と違い、今日はコレ使わないでおこう、
なんて日は一日たりともありません。

生きている限り、毎日必ず歯を使うのです。少なくとも一日3回。

したがって、保険の歯(硬質レジン前装冠)の場合、
劣化は避けられないのです。

●●●自費治療の例●●●

★前歯ハイブリッドクラウン装着された方★
雲仙市在住 M.A様(57歳 女性)
006
※結果には個人差があります。すべての方がこのように変化するとは限りません

プラスチックの表面はざらざらになり、そこに磨き残しが付着します。
その磨き残しが、細菌と結合しプラークへと変化し、
口臭の原因になることもあります。
その影響はもちろん歯ぐきにもおよび、
どんなに歯磨きしても歯ぐきは腫れ
そして退縮する場合も多々あります。

そしてその影響をうけた歯ぐきの下には歯の根が露出していきます。
歯の根は象牙質というエナメル質よりも、
むし歯になりやすい組織ですので、
気が付かないうちに黒く変色し、むし歯になります。

私はこんな目にあっていただきたくないのです。

歯をかぶせる前にはしっかりと、歯の種類について
よく理解していただいて、
患者様ご自身にどの歯を入れていただくかを決めていただくことが、
もっとも大事なことではないのでしょうか。

私はあなたが笑顔であり続けられるために、
品質の高いものを装着されることを、自信をもってお奨めいたします。

価値あるあなたの笑顔と健康のために・・・

院長 鶴田博文

前のページに戻る

action mail
院長ブログ 以前のブログはこちら 以前のブログはこちら スタッフブログ スタッフが矯正しました。 最先端セレック治療 誰も教えてくれなかった自費診療 抗血栓薬 自費診療の感想 インプラント小冊子

知覚過敏

バリアフリー対応

院長紹介

勤務医紹介

スタッフ紹介

患者様からのご感想

見学者様のご感想

院内ツアー

診療の流れ

診療科目

歯科一般

歯科一般

小児歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

審美歯科入門

審美歯科

料金表

 

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表歯科衛生士求人受付求人