小児歯科

メニュー

虫歯になる前に歯科医院を受診して下さい。

虫歯はもう『防げる病気』になりました。

歯医者さんの仕事は『虫歯を治すこと』ですが、私たちの大切な子供たちに痛い思い、怖い思いをさせたくありません。

フッ素・シーランと・歯のクリーニング・歯磨き指導・歯石除去で、『虫歯にならない丈夫な歯を作ること』これこそが、私たち鶴田歯科医院スタッフ全員の使命です。

1・2歳頃から高校生まで、定期的に来院して頂ければ、
生涯虫歯で苦労しなくて済みます。

虫歯にならない丈夫な歯それが、お子さんへの大切なプレゼントではないでしょうか?

子供たちが虫歯のない真っ白な歯を嬉しそうに見せてくれるとき。それが鶴田歯科医院で働いている私たちが一番『幸せ!』と思うときです。

保護者の方へ~治療の前にお読みください

歯医者にお子様を連れて行くきっかけはなんですか?
虫歯ができていなくても保護者の方が自ら連れて行っていますか?
それとも、学校から治療の勧告書が来てからですか?

「しまった…子供に虫歯をつくらせてしまった…
あんなに気を配っていたのに…」
「どうして虫歯になってしまったのだろう?」
「この子が歯磨きしないでお菓子ばかり食べているからよ!」

後悔先に立たず!
たくさんの虫歯、大きな虫歯を作ってしまうと、
治療を受けるお子様にとっては物凄く大変で心身ともに
負担がかかると思います。

やはり、虫歯ができる前、もしくは虫歯が小さいうちに
治療を受けていただくことがお子様にとって最善の行為だと言えます。

将来、お子様の口の中が銀歯だらけ、
若くして入れ歯になってしまうことも…

今後のお子様の歯の運命は、保護者である皆様の行動や考え方によって
決定されると言っても過言ではありません。

今からでも大事なお子様のために、正しいことを知り、
過ちを繰り返さないことが大事です。

それでは、お子様にたくさんの虫歯を作らせてしまい、
ようやく歯科医院に連れていくことにした、あなた…

「乳歯はどうせ抜けてしまうし…生え変わるから大丈夫!」
と思っていませんか?
その考え、とても危険です!
これから正しい知識をいっしょに身に付けましょう。

乳歯の特徴

乳歯は永久歯と比べて、歯質がやわらかいので、むし歯になりやすく、
進行も早いのが特徴の1つです。

・エナメル質(歯の1番表面の構造)が永久歯の半分しかないのでむし歯が進行しやすい

・乳歯は再石灰化する力が弱い

以上のような特徴により、乳歯は永久歯よりむし歯になりやすいのです。
では、なぜ乳歯のむし歯をそのままにしておくとよくないのでしょうか?
実は乳歯のむし歯は後から生えてくる永久歯に悪影響を与えてしまうのです!!

・永久歯の質や形が悪くなる
・永久歯の歯並びが悪くなる
・発音の障害

むし歯が大きくなると、治療に麻酔が必要だったり、期間がかかることがあります。

むし歯かな?と思ったら放置せず、早めに受診しましょう。

メニュー

歯医者さんを嫌いになってほしくありません。

当院では、お子様を治療台にしばりつけて治療を行いません。
しばりつけて治療をすると、それがトラウマになり、
ますます歯医者さんを嫌いになってしまいます。

そうなってほしくないので、当院ではお子様のペースに合わせて、治療に慣れるところから始めています。

「早く治療してほしい」と思われる保護者の方もいらっしゃいますが、子供一人一人違いますので、お子様に合わせて治療をすすめてまいります。

無痛治療を心がけています。

麻酔が苦手!という方も多くいらっしゃいます。
当院の麻酔は、まずゼリー状のバナナ味の表面麻酔を歯ぐきに塗ります。

表面麻酔で歯ぐきの一部分をしびれさせてから、注射の麻酔を行います。
注射も電動の麻酔器で、日本で最も細い「33G」の針を使用し、麻酔液も体温と同じ37℃に温めて、痛みが出にくいように調整しております。

治療がこわいというお子様には

何度も練習しても怖いというお子様には、
笑気吸入鎮静法を行っております。

早急に治療が必要だけど、それでもこわいというお子様には、
長崎大学病院の小児歯科をご紹介しております。

大学病院には小児歯科を専門として治療されている先生方がいらっしゃいますので、安心して治療を受けていただけます。

むし歯予防

メニュー

むし歯はなぜできるの?

歯についたプラークの中のむし歯菌が糖分(砂糖など)を食べると酸を作り出します。そしてその作られた酸が歯を溶かしてむし歯を作ります。

むし歯の予防方法

むし歯ができるには4つの要因があります。

①バイキン(細菌)

むし歯菌が歯についたままにならないように、しっかり歯磨きをしましょう。 歯磨きが自分でできるようになるまでは、保護者の方が必ず仕上げ磨きをしてあげて下さい。

目安は永久歯が全部生えそろうくらいまでです。
歯と歯の間の歯ブラシでは毛先が届かない部分には、フロス(糸ようじ)等を補助的に使いましょう。

②歯(宿主)

歯の強さ、唾液の性質、歯並び等によってむし歯のリスクが異なります。 歯の質を強くするために、フッ化物を適切に使いましょう。

フッ化物を組み合わせて長期にわたって使用するとむし歯予防に非常に効果があります。
※フッ化物の応用  


<フッ素入りの歯磨き剤> (毎日)
<  フッ素洗口  >  (毎日)
<  フッ素塗布  >  (3ヶ月に1度)

歯並びもむし歯に影響します。
歯が重なっていると歯磨きがうまくできず磨き残しが多くなりやすく
むし歯だけでなく、歯肉炎も起こしやすくなります。

それ以外にも歯並びによってはうまくかむことができず、
唾液の分泌量も少なくなることもあります。

③砂糖

甘い砂糖が入っているお菓子や食べ物は、むし歯菌も大好きです。

むし歯菌が砂糖を食べて、酸を作りお子様の大事な歯を溶かしてむし歯を作ってしまいます。

※キシリトールは虫歯のもとになる酸を発生しません。長期使用すると、むし歯菌の繁殖が弱まり、砂糖からも酸を作りにくくなります。

④時間

むし歯になるにはある程度の時間がかかります。
食事をするとお口の中のpHが酸性に傾きます。
しかし唾液の緩衝能と呼ばれる作用によりゆっくり時間をかけて
もとのpHに戻って来ます。

もしおやつの時間が決まっていなくてダラダラ甘いものを食べたり、ジュースを飲んだりしていると、唾液の緩衝能が作用できずお口の中が常に酸性のままで、歯が溶け始めてきます。

1日三回の食事の後は歯磨きをする習慣をつけましょう。
またおやつの時間は決めて、ダラダラ食べないように注意しましょう。

なかなか歯磨きをしてくれないお子様にはかかりつけの歯医者が必要です。
当院では歯を削ることではなく、歯を守ることを目的として診療を行っています。

大切なお子様の歯を1本でもむし歯から守り健康に食事ができるように、
一生歯で困らない人生を歩んでいただけるように、
協力していきたいと考えております。

不安な事やわからない事があれば、どんなことでもご相談ください。スタッフ一同親身になってお答えしたいと思います。

当院では、お子様の歯の状態をいつでも開いて確認できる"歯医者さんのれんらく帳"をお渡ししております。

院内カルテではなく、保護者の方への記録として詳しく書いたものです。
治療が必要な歯には色を塗り、治療終了後は日付を記入します。
保護者へお伝えしたいことを記入し、わかりやすくします。

back

action mail
院長ブログ 以前のブログはこちら 以前のブログはこちら スタッフブログ スタッフが矯正しました。 最先端セレック治療 誰も教えてくれなかった自費診療 抗血栓薬 自費診療の感想 インプラント小冊子

知覚過敏

バリアフリー対応

院長紹介

勤務医紹介

スタッフ紹介

患者様からのご感想

見学者様のご感想

院内ツアー

診療の流れ

診療科目

歯科一般

歯科一般

小児歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

審美歯科入門

審美歯科

料金表

 

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表歯科衛生士求人受付求人