知覚過敏

こんにちは! 歯科衛生士の井手です。

みなさん甘い物・酸っぱい物・冷たい物がキーンとしみた事はありませんか?

それは『知覚過敏』と言います。

そのうち良くなるだろうと放っておくと慢性化してしまう事も・・・ 今回は『知覚過敏』について詳しくお話しさせて頂きます。

 

知覚過敏でよくあるQ&Aコーナー

Q「歯医者でむし歯じゃないと言われたけどやっぱり冷たいものがしみます。むし歯じゃないの?」

井手「特にレントゲンにむし歯の像もないがしみるといった症状は知覚過敏の可能性があります。原因がいくつか考えられますので診断していきます。」

Q「知覚過敏の原因が歯ぎしりと言われました。どうしたらいいですか?」

井手「なにかスポーツなどはされていますか?スポーツをされる方は力を入れるとくいしばってしまう方が多いです。マウスピースを作製して力のコントロールをしましょう。」

Q「銀色の被せ物のところがしみるようになりました。むし歯でしょうか?」

井手「被せ物はどれくらい前につけられましたか?むし歯の可能性もありますが知覚過敏が原因の場合もあります。金属性の被せ物の下にむし歯ができていてもレントゲンには写らないこともあるので外して診断する必要があります。」

Q「知覚過敏だと思い、専用の歯みがき粉で磨いているが効果がありません。」

井手「歯みがき粉だと効果が出るのに期間がかかってしまいます。歯科医院では知覚過敏の原因が分かるといくつか治療方法がありますので、歯科医院の受診をオススメします。」

 

知覚過敏とは

歯の構造は表面からエナメル質・象牙質・歯髄の順で構成されています。
一番表面にあるエナメル質は熱など様々な外部からの刺激を遮断する特徴があります。
このエナメル質の一部にヒビが入ったり失われたりすると、むき出しの象牙質に刺激を受けます。象牙質には歯の神経(歯髄)まで通っている象牙細管という管があります。その象牙細管に熱や冷たさ・歯ブラシなどの刺激が歯髄に届き、鋭い痛みが生じます。
これが知覚過敏です。


知覚過敏の原因

①エナメル質にヒビが入っている
歯に強い力がかかったり、噛み合わせが悪い方はエナメル質にヒビが入ってしまう事があります。パッと見た感じは分かりませんが縦にくっきりと線が入っています。

 

②詰め物の周りに亀裂や隙間ができてしまった
詰め物が古くなると、詰め物と歯の間にすき間ができてしまう事があります。特に保険の銀色の詰め物は、特徴として歯よりもかなり硬いので、噛み合わせの歯にも負担がかかり、ヒビが入ってしまう事もあります。

 

③歯ぎしりなどのクセでエナメル質が楔状に欠ける
朝、目が覚めた時にあごの疲れを感じた事はありませんか?そんな方は歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。
強い力がかかり続けると、力が集中する歯の根元のエナメル質に細かなヒビが入ります。
やがて、ヒビが拡がりポロポロとエナメル質がはがれ落ち象牙質が露出してきます。
象牙質はエナメル質に比べて軟らかいため、日頃のブラッシングでさらに削れ落ちてしまいます。

 

④歯ぎしりでエナメル質がすり減った
歯ぎしりなど強い力で歯を擦り合わせると、噛み合わせ面のエナメル質が削れて行きます。象牙質が露出すると更に歯ぎしりでまた沢山擦り減って、シミが出現する原因となります。

 

⑤酸っぱい食べ物でエナメル質が溶けた(酸蝕症)
近年TVや雑誌などでも“お酢”が健康にいいと言われています。確かにお酢の効果は様々ありますが、摂取のし過ぎには要注意です。摂り過ぎてしまうと酸で歯を溶かしていってしまう事があります。表面が溶かされてしみの原因にもなります。よく患者様から「健康のために毎日酢を原液で飲んでるの!」と言われる方もいらっしゃいます。希釈が必要な物はしっかりと用法を守りましょう。

 

知覚過敏の治療

知覚過敏といっても程度は様々です。まずは小さな治療から始めていき、改善がない場合にはさらに大きな治療へと進んでいきます。

 

STEP1:生活習慣を見直し、自然治癒を促す

1)酸っぱい食べ物をよく食べている。

2)強い力で歯みがきをしている。硬い歯ブラシじゃないと磨いた気がしない。

3)歯ぎしり・食いしばりをしている。またはそのように言われた。

4)激しい運動を日頃から行っている。

これらの生活習慣がある方は知覚過敏になりやすいです。
生活習慣を改善し歯を守っていくと、軽度の知覚過敏なら痛みが治ることもあります。
また、治らなかったとしても知覚過敏の重症化を防いだり再発の予防にもなるので重要です。

 

STEP2:歯をコーティングする

生活習慣の見直しだけで治らなかった方には、外からの刺激を遮断するコーティング材を塗ります。塗ることによって開いている象牙細管を封鎖し、刺激を伝えないようにします。 このコーティング材は塗ったからといって見た目・舌触り・噛み合わせが全く変わらないところが利点です。
一度の塗布で効果を感じる方もいれば、数回の塗布で症状が和らぐ方もいらっしゃいます。 これでも知覚過敏の症状が改善ない方は歯の内部でも炎症を起こしているため、治療も次のステップに移ります。

 

STEP3:レジン(CR)で詰める

軽度内部に炎症が波及している場合には、これ以上炎症を起こさない為に神経は取らず知覚過敏が起こっている部位を少し削り表面を粗い状態にして白いレジンで埋めます。これは小さなむし歯の治療と同じです。しかし、一度炎症を起こしている為神経は過敏になっています。完全に症状が落ち着くまでにはしばらくの間は経過を見ていただく可能性があります。


STEP4:神経を取る

STEP1からSTEP3まで段階的に治療を行ったが改善がみられない場合、これは神経に重度な炎症が広がっていると思われます。このようになってしまうと痛みの根本である神経自体を取り除いて痛みを取らなくてはいけません。神経を取ると痛み自体は無くなります。しかし神経を失うことでその歯の耐久性・寿命が落ちてしまいます。よって、『最終手段』として神経を取ります。
知覚過敏の症例は段階ごとに診断・治療を行いますので、すぐに症状が治まらないこともあります。ぜひご理解いただけたらと思います。

まとめ

ここまで知覚過敏について詳しくお話しさせていただきました。
知覚過敏は患者様のしみる段階によって治療方法が変わってきます。しみるのを止めたいからと神経を取るのは簡単です。しかし、その歯の予後を考えBESTの判断をしなければいけませんので、実は知覚過敏の診断・治療は非常に難しいのです。
また、歯が浸みるだけだから大丈夫だと放っておかず、症状が軽いうちに歯科医院に受診しましょう。その方に合った治療方法やセルフケアについ指導していき今後症状が悪化しないようにしましょう。
毎日のお食事を美味しく食べたり、飲んだりして皆様が明るい生活ができるよう、歯科と協力して知覚過敏をなくしていきましょう!

back

action mail
院長ブログ 以前のブログはこちら 以前のブログはこちら スタッフブログ 最先端セレック治療 誰も教えてくれなかった自費診療 抗血栓薬 インプラント小冊子

知覚過敏

バリアフリー対応

院長紹介

勤務医紹介

スタッフ紹介

見学者様のご感想

院内ツアー

診療の流れ

診療科目

歯科一般

歯科一般

小児歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

審美歯科入門

審美歯科

料金表

 

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表歯科衛生士求人受付求人