歯科衛生士専門学校 奨学金制度のご案内

歯科衛生士という職業をしっていますか?
「歯医者さんで活躍している、優しいお姉さん」そんなイメージをお持ちかもしれません。

歯・口腔の健康を保つには歯医者さんだけではなく歯科衛生士さんの活躍が必要不可欠な専門職です。

歯科衛生士になるには高校卒業後、歯科衛生士専門学校で3年間履修し、卒後国家試験を受験します。合格したら歯科衛生士の資格を得ることができます。

今日、歯・口腔の健康が全身の健康と大きな関わりがあることは広く社会に認知され、口の中の健康を守りたいという方が多く来院されています。

歯科衛生士さんはこれからの時代、ますますニーズが増えます。
高齢化社会になればなるほどその傾向は高まります。

当法人では多くの方の健康を守るために、歯科衛生士さんを増員することになりました。

そこで今年度も、将来歯科衛生士さんになりたいと希望している人を対象に奨学金制度を設立いたしました。
将来、人が喜ぶような仕事に就きたいと思っている人には向いていると思います。

医療職は以前からずっと人気があるのですが、歯科衛生士はこれからもっと脚光を浴びる職業だと私思います。

歯科衛生士はプロ意識をもって、永く続けることができる仕事です。
技術を磨きこむことで、患者様に「ありがとう」と言っていただける職業です。

そんな歯科衛生士をあなたも目指してみませんか?

対象者 来春(平成30年3月)卒業見込みの高校3年生で、専門学校を卒業し歯科衛生士国家試験に合格した後、指定の期間、当法人で継続勤務できる方
募集人員 1名
奨学金 プログラムA 月々3万円
プログラムB 月々5万円
支給期間 3か年(36か月)
支給日 毎月25日 
休日・祝日と重なる場合はその前日
返済:プログラムA 卒後3年間歯科衛生士として継続勤務した場合、返済は不要
返済:プログラムB 卒後5年間歯科衛生士として継続勤務した場合、返済は不要
その他 問い合わせは当法人総務 田中(大)まで
0957-36-7611


よくある質問

Q1.歯科衛生士学校の履修期間は何年間ですか?

3年間です

 

Q2.歯科衛生士になるにはどうしたらいいですか?

歯科衛生士専門学校で3年間履修期間を修了し、歯科衛生士国家試験を合格すると歯科衛生士として業務が可能です。

 

Q3.国家試験は難しいのですか?

平成27年度国家試験合格率は全国で96%でした。専門学校のカリキュラムをしっかりとこなし、進級、卒業試験などをパスできることが重要です。

 

Q4.親の負担を少しでも減らしたいのですが、アルバイト等はできますか?

専門学校にもよりますが、アルバイトをして、生活費の足しにしている学生も多いようです。コンビニや、ファーストフード店などでアルバイトする人もいますが、せっかく歯科衛生士になるのだからと、歯科医院でアルバイトする人などもいます。しかし、定期試験前などは控えたほうが良いと思います。

 

Q5.歯科衛生士になって就職した場合の給与はどのくらいですか?

当法人の規定は次のようになっています。
◆卒業後の初任給 月額200,000円(歯科衛生士手当、皆勤手当て含む)

 

Q6.普通の会社に就職するよりお給料が高いと思うのですが・・・

長崎県労働局の調べによりますと、平成27年度、自治体(雲仙市)の大卒初任給が172,200円でしたので、たしかにそうかもしれません。歯科衛生士専門学校は3年間です。

短期大学よりも履修期間が多いということはそれだけ専門的な知識が必要だということなのです。医療従事者になるのですから、やはりそれ相応の努力をしないといけません。

責任がある仕事なので、このようなお給料になります。それだけ歯科衛生士という国家資格に対する評価が高いという意味です。

 

Q7.お休みはいつですか?勤務時間は?

以下に記します。
◆完全週休2日 日曜 祝日 水曜(祝日がある週は診療)
◆就業時間 8:30~17:40まで

 

Q8.歯科衛生士の仕事をずっと続けることはできますか?

せっかく苦労してとった国家資格です。ぜひ活用して社会のお役に立ってほしいと考えています。歯科衛生士は結婚し、出産した時に退職されることが多いので、当法人では産休育休制度を導入しています。医院が一丸となって子育てをしている人を応援しています。どうぞ、ご安心ください。

 

Q9.まだ、進路は定まっていないのですが、貴院を見学したいのですが、できますか?

医院の見学は随時受け付けております。生徒さんだけでなく、保護者の方もお見えになります。もちろん、職業には相性がありますので、あとで「向いてなかった」、となるよりも、まず雰囲気を確かめたほうがいいと思います。ぜひ、見学していただきたいと思います。

 

Q10.現在、奨学金制度を利用している人はいますか?

現在 九州医療専門学校 歯科衛生士科に当法人の奨学金制度を利用している学生が2名在籍しています。一人は学生寮、一人はアパートで独り暮らしをしながら学生生活を送っています。

 

Q11.どんな人が歯科衛生士に向いていますか?

当法人では「やさしさと思いやりを忘れない人」を採用することにしております。技術力は高くても、冷たい性格の人は向かないでしょう。私たちの行う医療は「人」が相手です。そのことをよく理解できる方でしたら、問題はないと思います。

 

back

action mail
院長ブログ 以前のブログはこちら 以前のブログはこちら スタッフブログ スタッフが矯正しました。 最先端セレック治療 誰も教えてくれなかった自費診療 抗血栓薬 自費診療の感想 インプラント小冊子

知覚過敏

バリアフリー対応

院長紹介

勤務医紹介

スタッフ紹介

患者様からのご感想

見学者様のご感想

院内ツアー

診療の流れ

診療科目

歯科一般

歯科一般

小児歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

審美歯科入門

審美歯科

料金表

 

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表歯科衛生士求人受付求人