鶴田歯科医院

               

目次
 

①患者様とのコンサルテーションに力を入れています
 

 患者様の願い・・・それは“痛くなく”“高い技術力”で、“治療期間は短く”“費用は最小限に”。このほかにも、千差万別あるかと思います。しかし、現在の歯科医療においてはその全てを満たすことは大変難しいとされています。お口の中は複雑で、患者様ご自身も歯科医も、目に見える範囲だけではよくわからないものです。よくわからないまま治療されると、不安やストレスを感じますよね。私たちはこの「わからない」を出来るだけ「わかる」ようにするため、患者様の願いに寄り添うため、治療を始める前に必ず、コンサルテーションを行っています

 初診の際は、既往歴以外にも、患者様のお考えや歯科治療の経験を伺うために、コンサルテーションルームでお話をお伺いしております。歯の治療が怖いという人、また、そうでない人においても治療方針を立てる際に大きく役立っています。コンサルテーションルームはプライバシーに配慮した個室になっておりますのでご安心ください

 そこで得た情報から、患者様のご希望に配慮をしながら、治療方針を決めて参ります。初診の時にいきなり歯を削ったり、抜いたりということは、よほどのことがない限りありません。当日はエックス線写真撮影、口腔内写真撮影、必要に応じては歯周病の検査やCT撮影などを行います。そして、実際に写真を見ながら、患者様に現在の状況を理解していただけるべく、丁寧なご説明を行うよう努めています。

「歯を診るのではなく、人を診る」というのが、私たちの考えの軸になっています。

 患者様がなぜ歯科治療を受けなくてはならなくなったのか、どんな治療方法があるのか、再発をどう防ぐのか、全身的なご病気がないかどうか、通院のスケジュールなど、私たちは患者様とのコミュニケーションを基に治療を進めていくことが重要だと考えています。そのため、「歯は痛くなければそれでいい」、「考えるのが面倒だからすべてお任せ」というお考えの人は当院の方針とは合わないかもしれません。「お口の健康を保ちたい」「きちんとした歯科治療を受けておきたい」という人には鶴田歯科医院はマッチすると思います。

鶴田歯科医院

               

②寝ている間にインプラント手術が終わっています
 

 “インプラントは義歯と違って思うように噛めることができるという利点があるので、インプラントをやりたい”。けれど、“怖くて踏み出せない”、“局所麻酔をするので、大丈夫とはわかっていても、いざとなったらやっぱり怖い”、“もし、痛かったらどうしよう”、“口を長い時間空けていられるかしら”。このような不安はありませんか?

鶴田歯科医院のインプラント手術は深い眠りについている間に手術が終わる、静脈内鎮静法という方法を併用することが多いです。

これは、インプラント手術専門の麻酔医が行う質が高いものです。  この方法でのインプラント手術が、他の一般の歯科治療よりはラクに出来ると言っても過言ではありません。“ええー!そんな方法があるの?”と驚かれた人もいるかと思います。

 この方法がなぜ一般に普及していてないかというと、インプラントの手術手技と歯科麻酔医との方針が一致しないと運用が難しいためです。  当院で静脈内鎮静法を担当する白石直之先生は歯科麻酔学会の認定医で、院長とは20年以上のお付き合いです。ですから、お互いの技術水準と治療コンセプトを良く理解しており、安心・安全な手術のために全力を尽くすことができます。その結果、患者様にラクに手術を受けていただくことができるのです。

 その他にもこの静脈内鎮静法の利点はあります。 点滴で行う静脈内注射をした状態で、持続的に鎮静薬を投与していくのですが、それ以外にも術後鎮痛のために鎮痛薬、腫れ止めのお薬、抗生剤なども術中に同時に投与していきますので、手術が終わった翌日も痛みや腫れも少なく過ごすことができるのです。

インプラントについて詳しくはこちら

鶴田歯科医院

③あなたのホームドクターを目指しています
 

鶴田歯科医院では、「かかりつけ歯科医」=「ホームドクター」を指しています。

【 かかりつけ歯科医 】とは、
安全・安心な歯科医療の提供のみならず医療・介護に係る幅広い知識と見識を備え、地域住民の生涯に亘る口腔機能の維持・向上をめざし、地域医療の一翼を担う者としてその責任を果たすことができる歯科医師をいう。(日本歯科医師会)

と定義されていますが、歯が痛くなった時、脱離したときなどのトラブルになってから行く歯医者はあくまで、「行きつけの歯科医」でしかありません。

 本当の「かかりつけ歯科医」の意味とするところは、その人の人生のことをしっかりと考えることができるホームドクターを指します。

 つまり、歯科医師と患者との間に、信頼関係がすでに構築されている状態であるということです。

公益社団法人日本歯科医師会が15~79歳の男女10,000人にインターネット調査をした結果、「人生を振り返って、もっと早く歯の健診や治療をすればよかったと後悔している人は4人中3人」ということがわかっています。 私たちは、患者様の人生に寄り添うことができる、真の「かかりつけ歯科医」を目指しています。

鶴田歯科医院