徹底的にバリアフリーにこだわった設計

当院を開業するときにまず思ったことがあります。

車イスで何不自由なく治療が行える歯科医院にしよう
学生時代に、岩手医科大学「医療を考える会」というサークルでの
ボランティアに参加させていただいたという経験からです。

車イスで普通に来院できて、 普通にトイレに行けて、
普通にブラッシングできて 、普通にカウンターで対応できて・・・・
もちろん治療も普通にうけれて、そんな歯科医院があったら
素敵だなと思いました。

開業前の設計段階のときはかなり設計士さんとシュミレーションを繰り返しました。その結果通路の幅、トイレスペース、ブラッシングコーナーの高さ、受付カウンターの高さ、診療台の種類、診療台周囲の広さ、すべて車イス対応としました。また個室には車イスから降りないで直接、治療ができる診療台を設置しました。

次に車イス対応のスロープをつけることになりましたが、
実際に車イスでスロープを登ってみると、これまた結構きついのです。

眼で見るとスロープなんてたいしたことなさそうなのですが、
実際に自力で車イスで登ってみると大変なのです。
ですからスロープはナシにしました。

そして盛り土、整地をくりかえしてもらい、駐車場から玄関の自動ドアまでの
バリアフリーにしてもらいまいした。

しかしここの干拓地は一年に5cmの地盤沈下がありますので、
最低2年に一回はアスファルトを玄関のところに段差が
出来ないように工事していただいております。

自分としても精神的にも歯科医院の敷居はなくしたいという
思いが強かったので、とにかくバリアフリーにこだわりました。

段差はひとつもありません

001駐車場まで車いすで来ていただければ、診療台やトイレまで一つの段差もございません。 ご安心ください。

負担をかけない程度の緩やかなスロープ

001車いすの方専用の駐車場から降りてすぐにスロープがあります。緩やかな為、患者様に負担をかけないつくりになっています。

敷居のないドア

001大雨、台風のときは浸水覚悟で敷居をなくしました。自動ドアにしました。

医院の中に車イスを常備しています。

001医院の中にも車イスを常備しています。
お気軽にご利用ください。

転倒リスクの少ないチェアー

001当院の診療台は全て、ステップ(足のせの台)がないものにしております。

したがって転倒のリスクがかなり軽減されます。

車いす対応チェアー

奥の個室にあるグレーのチェアーです。

実は車いすから降りずにそのまま治療ができるというスゴーイものなのです。

初めてこのチェアーを展示会で見たときには鳥肌がたつほど感動しました。

とにかくすごいメカニズムだったのです。
何度もなんども車いすモードにしたり、ノーマルにしたりと
組み換えをしたことを覚えています。

そして、これはきっと社会貢献できるのではないだろうかと思い、
購入を決意したのです。

メーカーは「プランメカ」という虫歯がもっともすくない国、
北欧の「フィンランド」から産地直送の逸品です。

005これです。いつもの見慣れたチェアーの図です。ちなみにこのシートはテンピュール(低反発マット)を使用しておりますので、寝心地が素晴らしいです。

治療中、本当に眠くなるようです。
こどもたちに、なんども指をかまれました。

そして、これが車いす対応状態。
このままリクライニングして、車いすにのったまま治療ができるのです。

ちなみに当院はバリアフリー。
駐車場まで来ていただければ、ここまでの段差は一切ありませんので安心してください。 どうぞお気軽にご利用ください。

back

action mail
院長ブログ 以前のブログはこちら 以前のブログはこちら スタッフブログ 最先端セレック治療 誰も教えてくれなかった自費診療 抗血栓薬 インプラント小冊子

知覚過敏

バリアフリー対応

院長紹介

勤務医紹介

スタッフ紹介

見学者様のご感想

院内ツアー

診療の流れ

診療科目

歯科一般

歯科一般

小児歯科

予防歯科

インプラント

審美歯科

審美歯科入門

審美歯科

料金表

 

TOPページ診察科目院長紹介スタッフ紹介院内ツアー当院へのアクセス無料メール相談料金表歯科衛生士求人受付求人